【シンガポール】 子連れでおすすめの観光スポット – 2019年 旅行記 –

子連れ旅行/お出かけ

子連れで初めてのシンガポール旅行。
子供と一緒の観光、まずは定番の
スポットが気になりますよね。

シンガポールの基本情報から、
子供と一緒に沢山の観光スポットを
楽しめたので、紹介したいと思います。

今回、娘と2人の初めての母子旅行です!
(夫と息子はお留守番)

【子連れでシンガポール旅行記】おすすめの観光スポット

シンガポール 子連れで観光した場所は?

<観光した場所>
・マーライオン公園
・マリーナベイサンズ
・リバーボートでクラークキーへ

と、ランチ後くらいから夕方までの
子連れでの過ごし方です。

また、別の日に行った、
・ナイトサファリ
の様子も紹介しています。

シンガポール子連れで観光 マーライオン 公園

ホテルからタクシーにて、マーライオン公園へ。
マーライオンを見ると、シンガポールに

来たなという感じがします!
位置関係としては、こちらの川向かいに
マリーナベイサンズがあります。

ランチ後に到着したので、午後2時近く、
ものすごい日差しでしたので、

帽子、日焼け止め、子供にはまめな
水分補給が
必須です!
(もちろん大人も)

マーライオンの横にある橋から
撮影をしている人が多く、
ちょうどマーライオンの水が
出ているあたりに口を開けて
写真を撮ると、口に入っている
写真が撮れて面白かったです。

マーライオン

こちらの、茂みの中にある、
ミニマーライオン。こちらは、
手乗りマーライオン写真を
撮るのが流行っているらしですよ。

後ろの茂みに小さなマーライオンが

シンガポール子連れでマリーナベイサンズへ

ひとしきり、マーライオンの写真を楽しんだ後は、
マリーナベイサンズへマーライオン公園から徒歩で
移動をしました。

徒歩でだいたい20分くらいです。
暑くて無理そうな場合には、タクシー
移動がオススメです。

マリーナベイサンズへは、
ショップス・アット・
マリーナベイサンズという
ショッピングモールを
通り抜けて道を渡った
所に入り口がありました。

ショッピングモールには、
クリスマスの装飾が

あちらこちらに。
南国にいるとクリスマスツリーを
見ると不思議な感じがします。

 

 

子連れでマリーナベイサンズのルーフトップバー マリーナベイサンズ

20分程歩いてかなり疲れたのもあり、

マリーナベイサンズの
57階にあるセ・ラ・ヴィという
ルーフトップバーで
お茶(実際はお酒ですが)することにしました。

このセラヴィというルーフトップバーですが、
入場料制になっており、

バーの入り口が1階でS$20(大人のみ)で
チケットを購入してから、
専用エレベーターで57階に上がります。

このチケットは後ほど飲み物などを

購入するとそこから割引されます。

午後だったこともあるのか、
こちら子連れでも全然大丈夫です!

かなり眺めも良くオススメです。
パラソルのあるソファー席があり、
日よけにもなります。

 

ご入場:
入場料 : 20シンガポールドル
(毎日正午から午後10時まで)。
土曜日および日曜日にクラブラウンジに
お越しの場合は、午前11時から入場料が
かかります。店内でお飲み物およびお
食事を楽しまれる場合(タバコは除く)は、
その総額から入場料20シンガポールドル
が引かれます。

以下に該当するお客様は、入場料を
お支払いいただく必要がありません
・マリーナベイ・サンズにご宿泊の
お客様(1キーカードにつきお1一人様まで)
・事前にご予約いただいたお客様
・12歳以下のお子様

https://jp.marinabaysands.com/entertainment/nightlife/nightclubs/ce-la-vi-club-lounge.html

マリーナベイサンズの有名な
インフィニティプールも
すぐ横にあります。
※こちらは宿泊者限定です。

お店の入り口に入って左側
に行くとソファースペースがあり、
子連れで行くなら、ソファー席の方が
ゆったりできておすすめです。

 

 

 

上からの眺め。
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイも見えます。

 

 

ガーデンズバイザベイには今回
行けませんでしたが、お得な
チケットもあるようです。
シンガポール、物価が高いので
事前に調べてディスカウント
チケットを購入しておくと
賢く旅行できそうです。

18% OFF ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ シンガポール 入場チケット<OCBCスカイウェイ付きオプションあり>


子供は船が見えて、大喜び。

 

 


展望台 スカイパーク

今回、ルーフトップバーに行きましたが、
マリーナベイサンズにはスカイパークという、
展望台もあり、360度の展望台だそう!
56階からの景色を楽しめます。
そちらもおすすめのようです!

【シンガポールNo.1観光名所】2018年トリップアドバイザー「トラベラーズ・チョイス・アワード」にて、シンガポール観光名所の第1位に選ばれました!

Voyagin

 

13% OFF マリーナベイ・サンズ (MBS) Eチケット スカイパーク 展望台

 

 

シンガポール子連れでリバーボート(水上タクシー)に乗船

娘たっての希望で、リバーボート
(水上タクシー)
乗ることにしました。

 

乗船場所は、
ショップス・アット・
マリーナベイサンズの
目の前から出発しています。

 

ちなみに、ショップス・アット・
マリーナベイサンズを出た後に
マーライオン公園に着いたので、
そのような短距離移動にも
使えますね!

 

今回は、しばらく乗ってみようと
思い、クラークキーまで乗りました。

 

金額はS$18と結構な観光客
料金でしたが、娘がとても
喜んでいたので良しとします。

 

リバークルーズ(水上ボート)
お得に乗る方法>

あとで調べたところ、
Voyaginという日本のサービスで
事前にチケットを買っておけば、

クラークキーから出発の
40分のクルーズをJPY1,976 で
購入できるようです!

8% OFF リバークルーズ シンガポール 予約 Eチケット

 

リバーボートの後ろはオープンスペースです

 

リバーボート(水上タクシー)から見た
マリーナベイサンズ。


さらにクラークキーに向けて、
左手にボート・キーという、

川沿いにずらりと並ぶ
レストランがとても印象的でした。

 

 

クラークキーで船を降りて、
しばらくベビーカーを押して散歩をし、
地下鉄に乗ってホテルまで戻りました。

<リバークルーズ(水上ボート)に
お得に乗る方法>

Voyaginという日本のサービスで
事前にチケットを買っておけば、

クラークキーから出発の
40分のクルーズをJPY1,976 で
購入できるようです!

8% OFF リバークルーズ シンガポール 予約 Eチケット

 

【子連れでシンガポール旅行記】ナイトサファリ

シンガポールで子連れで楽しめるオススメの
観光スポットとして、ナイトサファリも
子供(もうすぐ3歳)と一緒に楽しめました。

ナイトサファリの詳しい様子はこちらから。

【シンガポールナイトサファリ子連れブログ 】 2歳(3歳)の子供を連れて実際に行った口コミ -2019 旅行記-
子連れに優しい国シンガポール。 今回、もうすぐ3歳になる娘との母子2人旅 (夫と息子はお留守番)だったので、 シンガポールのナイトサファリを 安全かつ快適に楽しみたいと思っていました。 シンガポールには、シンガポール動物園...

【子連れでシンガポール旅行記】シンガポール子連れ旅行記 2018

 

1日目のホテル

クラウンプラザ・ チャンギエアポートホテル子連れ宿泊ブログ実際に泊まった口コミ - 2019年 旅行記 -
子連れでのシンガポール旅行におすすめのホテルを紹介しています。実際に2歳(もうすぐ3歳)の子供と一緒に泊まった、クラウンプラザ チャンギ国際空港ホテルをどこよりも詳しく紹介しています。 - 2018年 旅行記 -

2日目のホテル

【シャングリラホテルシンガポール】が子連れにおすすめ 実際に泊まった口コミ - 2019年 旅行記 -
子連れでのシンガポール旅行。シャングリラシンガポールが、子連れに本当におすすめなホテルでした。実際に2泊した様子を紹介したいと思います。ホテル内にプレイグラウンドもあり、子供との滞在を心から楽しめました。

子連れでシンガポール旅行記 まとめ

【シンガポール子連れ旅行記 2019年】子供(2歳、3歳)と楽しむ観光やホテル<保存版>
2歳(もうすぐ3歳)になる子供を連れてのシンガポール旅行に実際に役立った持ち物や現地での服装、交通手段や旅程、深夜便、早朝便での対応など準備編を詳しくご紹介します。3泊5日(+1日機内泊)の旅行です。

 

 

ブログ村のランキングに参加しています。
応援して いただけそうでしたら、是非ポチッとお願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ワーキングマザー育児ブログランキング

にほんブログ村 母子旅行・父子旅行

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] シンガポール 子連れで マリーナベイサンズ、マーライオン、リバーボートとチャイナタウン – 2018年 旅行記 – […]