【シンガポール子連れ旅行記 】子供(2歳、3歳)と楽しむ観光やホテル<保存版>

子連れ旅行

子供と一緒の海外、行き先に悩みますよね。安全、安心で子供と一緒に思いっきり楽しめるところ!日本が寒い時期には暖かい国は魅力的ですよね。今回、当時2歳(もうすぐ3歳になるところでした)の娘と初の母娘での海外旅行でシンガポールに行きました。(夫と息子は今回お留守番です)。シンガポールは子連れの海外旅行先としてはとても安心安全で、大人も子供も楽しめる国です。何より子供に優しい環境でベビーカーでの移動もとても楽チンです。 さて、子連れシンガポール旅行で、実際に役立った持ち物や現地での服装、交通手段や旅程、深夜便、早朝便での対応や、フライト、チャンギ国際空港の様子、子連れにおすすめなシンガポールのホテルなどこれさえ読めば!という内容をまとめて紹介します。 3泊5日(+1日機内泊)の旅行です。  

 

スポンサーリンク

【シンガポール 子連れ 旅行記】基本情報 服装や持ち物、Wi-Fiは?

気候(雨季と乾季)

赤道のやや北に位置するシンガポール は、まさに常夏の国です!1年間を通じて日本の夏のように蒸し暑く、雨季と乾季に別れています。

雨季:10月〜3月 乾季:4月〜9月 雨季に入ると、夕方や夜、日中など急な天気の変化があるので、折り畳み傘や子供用にはレインコートを常備しているといざという時に慌てなくてオススメです。  

服装

シンガポールの平均気温は1年を通じて27-28度と東京の8月のような暑さが続きます。そのため、年間を通して半袖で十分なのですが、屋内の冷房がかなりきついので、薄手の上着は必須です!  

 

通貨とクレジットカード

通貨はシンガポールドル(S$)になります。1S$は80円台です。シンガポールではほとんどのレストランやショップでクレジットカードが利用できるのでかなり便利です!  

物価

物価は日本と比べてやや高めに感じました。基本的に何でも輸入に頼っているシンガポールのため、ある程度コストが高めに感じます。 物価に比較すると、タクシーは割り増しがなければ、物価の割りにはお安いと感じました。 ※早朝、夜(18時〜)は割増料金がかかります。

 

ホテルこだわり派も必見!JTBの海外ツアー

 

サービスとチップ

シンガポールのサービスレベルはかなり高い!です。どこでも嫌な思いは一度もしませんでしたし、サービスレベルが高いのに、チップはいらないというありがたい環境です。

 

交通事情

地下鉄、バス、タクシー、リバーボートなど、移動手段はかなり発達しています。地下鉄で主要なところにはどこでもいけますし、タクシーも便利です。   今回地下鉄も利用しましたが、駅の券売機で簡単にチャージできるカードのようなものを買えますし、どこもエレベータが整備されているのでベビーカーでも大丈夫でした。   バスに関しては、現地の友人曰く、降車のバス停のアナウンスがないので、短期の旅行では乗りこなすのが難しいと言われました。   タクシーは、物価の割りには安く、行き先は道や建物の名前を言うとすぐ理解してもらえました。 シンガポールは一方通行が多いらしく、タクシーのおじさん曰く、行きたい場所を明確に言ってほしいと言われました。    

Wi-Fi事情

今回宿泊したホテルは、どちらもWi-Fiはつながりましたが、街中ですぐにgoogle mapや現地の友人と連絡が取りたかったので、Wi-Fiは日本で手配して行きました。

子連れ旅で、すぐ何かあればネットで検索ができるのは安心なので、Wi-Fiを借りて正解でした!

Wifiレンタル

 

今回、イモトのWi-Fiでおなじみの、エクスコムグローバルを借りました。基本いつ旅行に行くときも我が家はイモトのWi-Fiです。

  ・ネットで簡単に予約ができる ・Wi-Fiカウンターもわかりやすく、返却も楽チン(ボックスに入れるだけなど) ・女性の私一人で全て対応できた ・カウンターで使い方も教えてくれる   とWi-Fi初心者でもおすすめです。

ホテルこだわり派も必見!JTBの海外ツアー

 

<ホテル予約>

今回ものすごく悩んだのがホテル。夫と息子が留守番で、3歳近い娘と二人だけの母子旅だったので、
  • 利便性が良い
  • 何より安全
  • 早朝についても困らない
  • 大人も子供も楽しめる
ということを条件に探しました。 最終的に、初日はクラウンプラザ チャンギエアポート 2日目&3日目はシャングリラホテル(オーチャード) に宿泊しましたがどちらのホテルも大満足でした。   予約は、色々とホテルサイトを比較してきました。今回は吟味した結果、クラウンプラザはBooking.comで、シャングリラは、Expedia(エクスペディア)を利用しました。時期によってホテルの値段は異なるので、色々チェックしてみるのも重要ですよね!  

Booking.com

 

 

子連れなのでJTBが安心!という場合にはこちら。

 
スポンサーリンク

【シンガポール 子連れ 旅行記】深夜・早朝便 フライト(JAL)

今回のフライトはJALです。マイレージで予約をしました。

今回は、行きは羽田発の深夜便、帰りは成田着の便になりました。2歳なので、娘も一席予約しています。
  もしフライトとホテルを両方手配するなら、expediaが断然お得です。友人がexpediaにいるのですが、聞いたところによると、フライトと合わせるとホテル代が劇的に安くなり他と比べても合わせ技であれば、断然エクスペディアだそうです。   過去、家族旅行で海外に行った時にフライトにホテルプラスしてこのお値段!と思う金額でした。      

JAL 機内エンターテイメント

今回、子ども向けにはiPadは持参せず、ヘッドホンだけ持って行きました。 やはり大人用は頭のサイズが大きくてずれてしまったので、子供用を持っていき正解でした。
 
 

 
 

 
キッズ向けプログラムは充実しており、アナと雪の女王、プリンセスソフィア、あんぱんまんなど複数のビデオプログラムがありました。
 
 

JAL フライトでの食事

深夜便のため、離陸後に軽食が出て、朝に朝食が出ました。

子供用にはキッズミールがあったのですが、娘が起きなかったため、写真がありません。
 

機内での子どもの様子

1席あるとはいえ、私の膝に横になる形なので色々体制を変えては寝ていました。結果的に、5-6時間程度の睡眠だったかなと。日中お昼寝をしているとはいえ、かなり短いのでホテルに着いたら調整をと思っていました。  

子連れで深夜便、早朝便(フライト)の対応法

今回、小さい子供と一緒だったので、早朝着で寝不足が考えられ、休む場所をどうするかを 事前に日本から色々調べましたが、   選択肢として、 チャンギ国際空港にある ・有料ラウンジ ・トランジットホテル があるのですが、どこもシャワー、ラウンジ、仮眠スペースの利用などをしようと思うと、数時間でS$50程度はかかることが判明。ホテルのアーリーチェックインはS$160と言われていました。   悩んだ結果、クラウンプラザホテルクラブラウンジにS$60でアップグレードが可能だったので、そちらを利用することにしました。   結果、アーリーチェックインも8時にさせてもらえ、クラブラウンジでゆっくり朝ごはんも出来、大正解でした。  
スポンサーリンク

【シンガポール 子連れ 旅行記】チャンギ国際空港

チャンギ国際空港到着

早朝にチャンギ国際空港につきました!

娘がずっと寝ていたので、到着してからオムツ替え。空港内のベビースペースはかなり綺麗で驚きました。おむつ替えの台に、授乳スペース、調乳用のお湯なども完備!とても綺麗でした。

 
 

入国手続きもあっという間でした。 荷物を受け取り、ホテルへ移動。

スポンサーリンク

【シンガポール 子連れ旅行 旅行記】市内への移動はタクシーで!

今回、早朝到着便のため、空港内のホテルに宿泊しましたが、市内までの出方ですが、市内まではタクシーで20-30分程度になります。
初日でホテルまで移動するなら、子連れには絶対タクシーがオススメです。
   
シンガポールのタクシーはメーター制ですし、子連れでも安心して乗れます。 物価に対して、タクシーの料金が比較的割安なので、子連れでの移動には結構使っていました。
 
また、やはりモバイルWi-Fiが必須だなと思いました。ホテルならまだ良いのですが、少し込み入ったところに行きたい場合には、Google mapが大活躍で、モバイルW-Fiあってこそだったので、子連れ旅の必需品です。
 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

タイトルとURLをコピーしました