この差って何ですか どんなショウガ料理が体を温める?炊き込みご飯?1月29日放送。

トレンド

1月29日放送の「この差って何ですか?」では、「この差って何★体が温まる生姜料理と全っ然温まらない生姜料理の差」が紹介されていました。体が温まるショウガの調理法の差を検証、さらに、体を温める辛味成分ショウガオールを最大限に引き出す方法が紹介されていました。ショウガ湯、ショウガ焼き、厚揚げ、炊き込みご飯、イワシの煮付けで、体をしっかりと温める効果があるものとそうでないものが検証されていました。

体を温める効果のあるショウガ(生姜)料理はどれ?

寒い冬には体を温める料理が食べたくなりますよね。体を温める食材としてはショウガが有名ですが、なんと体が温まるショウガの調理方法と温まらないショウガの調理方法があるそうです。調理方法によってはその効果を半減させてしまうらしいです。

 

 

そこで、ショウガ湯、ショウガ焼き、厚揚げ、炊き込みご飯、イワシの煮付けで、体をしっかりと温める効果があるものとそうでないものを紹介していました。

 

 

ちなみに、ショウガ湯やショウガ焼きでは温まらないという結果だったそうです!!

 

さて、もっとも体が温まるショウガの調理方法は、これ!

 

生姜の量は全て10グラム。

 

唯一体温が上がったのが、

炊き込みご飯でした!

ショウガオールが体温を上げてくれる!

ショウガオールは、生のショウガには含まれていないのです。

 

1)100度くらいでかねる

2)30分くらいじっくり加熱する

という条件で出てくるそうなのです。

 

炊き込みご飯は100度近い温度で30分しっかり加熱するのでショウガオールが引き出されるそう。

 

 

 

長寿遺伝子を活性化するショウガオールとは?

 

体を温めるショウガの成分、ショウガオールは長寿遺伝子を活性化するとのこと。ショウガオールの効果的な摂取方法も紹介しています。

 

アーモンド・生姜の健康効果は?長寿遺伝子・ホルモンを活性化できるの?
ソレダメ!(11月28日放送)では「長寿遺伝子」、「サーチュイン遺伝子」を活性化させる食べ物や生活習慣、「長寿ホルモン」を増やす食材や食べ方が紹介されていました。人生100年時代に健康で長生きする秘訣を紹介します。

 

 

 

コメント