嵐の解散は2020年。その理由と真相は?大野智さんが活動休止のきっかけとの報道。不仲説は否定。各メンバーのコメントも。

嵐が2020年12月31日を持ってに活動を休止、解散を有料ファンクラブサイトに嵐5人の解散、活動休止に向けての動画メッセージを報告したそうです。さて報道では、解散の真相やきっかけはリーダーの大野智さんのようですが、実際どうなのでしょうか。調べてみました。各メンバーのコメントも。

 

嵐解散の真相、きっかけは?

報道によると、

リーダー大野智さんは、2017年6月半ばにメンバーに、

 

「2020年を持って自分の嵐としての活動は終えたい、嵐結成20周年、そして2020年という区切りで一度嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか」と提案したことがきっかけだったようです。

 

 

その後、メンバーでなんども話し合った結果、2020年を持って嵐を休止する結論に至ったそうです。

 

嵐、活動休止、解散の時期は?

タイミングは、2020年12月31日だそうです!

今年が2019年ですので来年年末ですね。。

 

嵐解散 各メンバーのコメント

二宮和也さんのコメント

 

「最初に話を聞いた時(2017年)には驚きました。想像もしていなかったので、2020年の最後の最後まで嵐らしく過ごしていけるよう、これからも5人で頑張っていきます。そしてファンの皆さん、僕らはいつでも嵐です。」

 

松本潤さんのコメント

 

「きちんとお話しした上で、自分たちも前を向いて日々を過ごしていきたいという思いからです」

「5人で団結して最後まで走るので、ついてきていただけたら嬉しいです」とコメント。

 

 

相葉雅紀さんのコメント。

「5人で嵐という気持ちが強いため、1人、2人でもかけてしまっては嵐とは名乗ってグループ活動をするのは難しいと思いました、決して仲が悪くなったのではありません」

と不仲説を否定。

 

櫻井翔さん

 

「20年以上共に歩んできた大切なメンバーそれぞれの思いを少しずつ異なるたくさんの思いをなんとか一つの結論へと着地させることとなりました。嵐が嵐のまま走りぬきたい。嵐を宝箱に閉じ込めたい、今はそんな思い出おります。数え切れないほど夢をみさせてもらいました。数え切れないほどたくさんの景色を見られるところまで連れきてもらいました。ありがとう、言葉では伝え切れないあふれんばかりの感謝の思いを、これから時間をかけて伝えていきたいと思っています」

 

各メンバーの想いと、個性が現れるコメントですね。

 

 

コメント