豊洲市場おすすめのランチはどこ?王様のブランチで紹介されていたお店を紹介。

豊洲市場 トレンド
豊洲市場

2018年10月についにオープンした
豊洲市場。気になりますよね。

まだ訪れていませんが、
今日(11月24日)放送の
王様のブランチで、

「この秋大注目!
豊洲市場を
徹底調査!」

という、トレンド部の特集で
豊洲市場が紹介されていて、
これを見たら行きたくなってきました。

子連れで、朝早くからチャレンジして見ても
面白いかもしれませんね。
(朝5時半の競りが見れるかは自信ないですが、、)

 

 

【王様のブランチ】 豊洲市場を徹底調査 水産卸売場棟

王様のブランチのトレンド部というコーナーで
豊洲市場を徹底調査という特集をしていました。

ちなみに、部長藤森慎吾、
新入トレンド部員は、川村エミコさんだそうですw

色々移転に関しては二転三転しましたが、
無事オープンしましたね。

ちなみに、豊洲市場は、
東京ドーム8個分の広さがあり、
ゆりかもめの駅からそのまま直結。
雨に濡れずに豊洲市場に行けます。

番組では、水産卸売場棟と水産仲卸売場棟を紹介していました。
オススメのグルメ情報がほんと美味しそうでした。

豊洲市場の水産卸売場棟では、
マグロの競りを見学できます。

朝5時半頃行くと、活気溢れる
競りの様子が見れるそうです。

築地と違って、豊洲市場からは、
上から競りの様子を眺める形に
なりましたね。

ちなみに、床が緑色なのは、
マグロの赤が映えるように、
赤の反対色の緑だそうです。

案内板に詳しく、手やりの様子
も書いてあるそうです。
看板を見ながら競りの様子を
見ると、わかりやすいみたいですね。

【王様のブランチ】 豊洲市場を徹底調査 水産卸売場棟

隣の水産仲卸売場棟は、
朝8時半くらいで、行列ができているようです。

こちらには、飲食店22店舗が集結。
看板メニューを紹介していました!

 

【王様のブランチ 豊洲市場】うなぎ米花(よねはな)

創業158年。
看板メニューは、とり丼と鰻重。

うなぎ屋さんでとり丼がおすすめとは意外。

とり丼 2,000円
※1日限定20食

 

鰻重 3,500円
※1日限定80食

ふわふわで柔らかい鰻重。
見ていて食べたくなる美味しさです。。

 

 

 

【王様のブランチ 豊洲市場】 岩佐寿し

築地の岩佐寿しが豊洲に移転。
アマゾンの創業社ジェフ・ベゾスも
来店したことがあるそう!

看板メニューは

店長お任せ
寿司10貫と巻物
3,900円

秋刀魚が美味しそう!
旬の新鮮なネタが。

有名人御用達らしいです。

オススメの時間は、

午前8時から10時が穴場の時間
らしいです!

行って見たいー。

 

 

 

【王様のブランチ 豊洲市場】センリ軒

創業から104年、老舗の洋食屋さん。

半熟入りクリームシチュー
600円!

ミルコーソフトクリームが
テイクアウトもできてオススメだそうです。

 

水産仲卸棟見学ギャラリー

見学ギャラリーの上には、魚がし横丁が。

業者さん向けの調味料、グッズなど。
一般の人も入れるそうです。

変わったところでは、チーズ専門店があり、
100−150種類のチーズが置いてある
専門店 KOTOBUKIフーズが取り上げられていました。

豊洲市場にはチーズ専門店まであるんですねー。

 

他にも、プロ仕様のゴム靴専門店、
ユニークなTシャツも買えるみたいです。

テリー伊藤の実家の玉子焼き屋さんも
豊洲市場に移転してきてるようです。

人気は伊達ロールで470円。

 

と見所満載の豊洲市場、
ここも子連れで朝から楽しめそうなスポットですね!

 

ブログ村のランキングに参加しています。
応援して いただけそうでしたら、是非ポチッとお願いします。↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

 

 

コメント