ノートルダム大聖堂のステンドグラスは火災でどうなったの?再建はされるの?

トレンド

パリのシテ島にある、ノートルダム大聖堂が火災でなんと大聖堂の尖塔(せんとう)も延焼して崩れ落ちてしまったそうです。火事の原因は改修工事と言われていますが、ノートルダム大聖堂といえばとても美しいステンドグラスがありますがどうなってしまったのでしょうか?また再建されるのでしょうか?

 

私もパリのノートる大聖堂に一度だけ行ったことがありますが本当に素敵な空間で、フランス人の細部に宿る美意識を感じたところでもあり、本当に悲しい。。

 

ノートルダム大聖堂のステンドグラス

 

まず、ノートルダム大聖堂のステンドグラスはこちら。

このような形でステンドグラスのあった尖塔が崩れ落ちてしまいました。

 

ステンドグラスは再建されるのでしょうか?

 

マクロン首相は、いち早く修復に向けて動き出しており、明日から世界へ呼びかけると言っています。さすがフランスを代表する寺院だけあり、そして幸いにも全焼はしなかったため、寄付を募り再建を呼びかけるようです。

 

寄付をする声もあがっています

 

 

まとめ ノートルダム大聖堂のステンドグラス

ノートルダム大聖堂のステンドグラスは火災により焼け落ちてしまいましたが、マクロン首相がいち早く修復に向けての寄付を募る声明を出しています。

無事にノートルダム大聖堂とそしてステンドグラスが修復されることを願うのみです。

 

 

トレンド
共働きフルタイムワーママまきのライフハックブログ

コメント