【東京オリンピック】チケットは家族に譲渡できるの?リセール・転売は可能?手数料は?

トレンド

2020年東京オリンピックのチケット抽選結果が出ましたね!当選した!落選した!と悲喜交々ですね。ちなみに、我が家は私は落選でしたが、家族は当選したので、「そういえば先々譲渡もできるのかしら?」と聞かれたので気になりました。

チケットが多く当たった幸運な方は、転売やリセールできるの?家族や友人に譲渡できるの?手数料はいくらくらいかかるの?と思う方もいるのではないかと思います。譲渡も誰になら出るのかなども気になりますよね。家族への譲渡の条件なども。

また1年以上も先ですし、せっかくオリンピックのチケットに当選したのに、いざ日程が近づいてきたら、「当選したけれど、諸事情でいけない!」ということも出て来るかもしれないですよね。

せっかく当選したのに行けなくなってしまった、、、

という場合にはリセールや転売したり、譲渡できるのかどうか。そこで、リセールしたり、譲渡できるのかどうか、手数料はかかるのかどうかについて早速調べてみました!

 

東京オリンピックのチケットに当選!一部キャンセルできるの?

まず、基本的な前提のところですが、

「やった、当選!」と当たったら嬉しいですよね。ただ、実際どれが当たるかわからないので多々申し込みしていた方も多いはず。とりあえず申し込んでみた種目が上がったけれど、やはりこれは行っても行かなくてもいいし、キャンセルできないのかな、、、

 

と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、

「基本的に、抽選後に当選したチケットのキャンセルはできません」

基本的に当選したチケットは一度買取る必要があります。以前、指原さんもオリンピックチケットを相当抽選に出していましたが、これが当たったらどうしようというツイートもあったくらいですね。

 


結果、見事当選も。それでもほぼ落選だったようです。

東京オリンピックのチケットは転売できるの?

東京オリンピックでは、不正な転売を禁止しており、チケットは基本的に、「記名」をして、「会場で身分証明書をチェック」する事になっています。

余談ですが、会場で、身分証明書のチェックもするとなると入場にはかなり時間がかかりそうですね。

 

さらに、今回はオリンピック委員会からの要請も受け、メルカリ、ヤフオク、ラクマ(楽天系)などの大手フリマサービスでは、東京オリンピックのチケットの転売は禁止する方針を打ち出しています。こう行ったサービスでは、売り出しNG対象となっているチケットが売り出されたとしても、事務局側が監視しているので、自動で出品削除される可能性が高いと思います。

 

そのため、いわゆる「外部機関を通じた転売」はNGです。

 

では、当選したチケットの日に急遽行けなくなったらどうすれば良いの?

 

という事なのですが、それには方法があります!

 

東京オリンピックのチケット、正式なリセール方法はこれ

当選したのに行けない!という時の救済措置は、

 

東京オリンピック組織員会が設定する、公式のリセール・転売サイトで取引が可能

 

です。ホッとした方も多いのではないでしょうか・

ただ、いくつか条件がありますのでお気をつけください。

 

  • オリンピックのチケットは定価でしかリセールできません。
  • 手数料は出品者(リセールしたい人)側にかかります。

 

せっかく当選したので、少しでも高く売りたいという方も多いかと思いますが、基本的に定価でしか売れないということと、手数料がかかります。こちらの手数料に関しては、まだオリンピック委員会では発表をしていません。

 

ではオリンピック委員会のリセール用のウェブサイトはいつできるの?ということですが、

 

2020年春頃

 

を予定しているそうです。

 

東京オリンピックのチケット、譲渡方法はこれ

また、リセールはしなくても、親戚や家族に譲渡したいという方もいらっしゃると思います。

 

我が家でも、家族・親族で当選、落選情報を交換したところ、運良く複数当選したというケースがいくつかあり、我が家にあげてもいいかも、と言ってもらっています。ぜひー、という感じではありますが、では実際に譲渡できるのでしょうか。

 

・家族・知人友人間での譲渡は可能

その場合、チケットの額面以下での提供が可能だそうです。

 

ということでほっと一安心。

 

 

 

 

東京オリンピックのチケット、名義変更の方法は?

さて、実際に名義変更をしたい場合にはどうしたら良いのでしょうか?

 

チケットに当選した方は、マイページから当選したチケット情報が見れます。「購入履歴」の詳細を開くと、「来場予定者」とう欄があります。

該当欄に実際に来場する人の名前を入力し、「変更する」を押して完了。

 

と意外にも簡単な方法です。

 

まとめ東京オリンピックチケット、リセール・譲渡・転売

結果、まとめると、

  1. 東京オリンピックの公式サイトでリセールは可能。ただし、定価販売かつて手数料はリセールしたい人(出品者)が負担
  2. 東京オリンピックのチケットを家族や知人、友人に譲渡したい場合には、券面よりも安い価格にて譲渡可能。
  3. 上記方法以外の転売は禁止。

 

という結果になりました!テレビの報道では、譲渡は当日まで可能となっているので、万が一当日体調が悪くて行けない場合ご家族や友人に譲渡するという方法もありますね。もしくは親族で譲ってもいいわよ、と言われた場合にはこちらの方法を参考にされてみてくださいね。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。是非ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ

 

 

 

 

トレンドワーママライフ
共働きフルタイムワーママまきのライフハックブログ

コメント