前田裕二さんのプロフィールは?「メモの魔力」著者のメモの取り方第2弾とは?4月6日放送。

トレンド

4月6日放送の「世界一受けたい授業」では、「メモの魔力」の著者である、SHOWROOM社長の前田裕二さんが2度目の登場!「メモの魔力第二弾」について解説していました!

 

話題の前田裕二さんの詳しいプロフィール・経歴と、前田裕二さんがメモをすすめる理由や前田裕二さんが教えるメモの取り方、書き方、そして起業ストーリーについて紹介します。前田祐二さんはメモ魔でも知られており、就職活動では自己分析のために書いたノートが30冊以上もあったそう!今日の世界一受けたい授業の内容は、覚えておきたいですね!

 

メモの魔力はすでに30万部ほど売れているそうです。すごいですね。

 

メモの魔力第2弾の内容は?

事実を書く際のポイントは?

 

1)自分の心が動いた出来事

 

2)世の中が動いた出来事

 

それに対して自分の考えを書くのがポイントだそう。

 


また、過去の学びから、「人間は不完全なものに惹かれる」という例があり、その際にふなっしーが紹介されていましたw

 

流行っているものをメモしてなぜ流行っているかなども前田さんはメモしているそうです。

 

<世界一受けたい授業>前田裕二さんのプロフィール・経歴

名前:前田裕二

生年:1987年

年齢:31歳

大学:早稲田大学政治経済学部

職歴:UBS証券→DeNA→起業してSHOWROOMを立ち上げ

 

 

UBS時代にはNY勤務の経験されていて、DeNAでの社内ベンチャー事業からスピンオフして起業されています。SHOWROOMのビジネスは、ライブストリーミングサービスをしています。

 

 

前田裕二さんの起業ストーリー

こうやってみるととても順風満帆な人生のように見えますが、実は前田さんは8歳の時にご両親を亡くされていて、10歳離れたお兄さんと親せきの家で暮らしていたととても苦労された幼少時代を送られています。一時期はなぜ自分がばかりとネガティブに考えていた時期があったそうですが、お兄さんの存在のお陰で、人生の逆境をチャンスだととらえられるようになったとインタビューで語っています。

 

NY勤務をされていますが、ずっと日本にいながら人よりも何倍も多く努力をして、帰国子女以上の英語力を身に着け、なんと入社2年目にしてNY勤務を命じされたそうです。そこで身を粉にして働いていた時に御親戚の不幸を知り、人生を見つめなおし、ゼロから1をつくる仕事がしたいと思い日本に帰国。

 

 

その時に就活時に衝撃的な出会いをしたDeNAの南場さん(DeNAの最終面接で南波さんに、履歴書を見ただけで「人生苦労してきたしょう」と言い当てられ、かなり深い話をして、DeNAへ誘われたそうなのですがUBSに入社されたそう)にアポを取り再会。事業アイデアをプレゼンしにいたところ、まだ25歳で一から起業するには青二才すぎると言われ、DeNAでそのビジネスを立ち上げてみてはと誘われて、DeNAに入社することに。

DeNAで立ち上げたライブストリーミングのビジネスが軌道にのり、2015年にスピンオフしてSHOWROOMを創業したそうです。

 

 

著書:メモの魔力

前田裕二さんの著書、「メモの魔力」。売り切れ続出で、現在17万部発行だそうです!!

 

 

 

<世界一受けたい授業>前田裕二さんがメモをすすめる理由とは?

 

前田裕二さんは、著書の中で、メモの効果について大きく2つの効果があると言っています。

1)アイデアを生み出す

2)人生のコンパス(指針)になる

 

アイデアについては、メモを取ると日常の出来事にある小さな出来事も心に思った事もアイデアになるということです。メモをすることで、日常をアイデアに変える!と意識してみると面白いかもしれません。

 

そして、二番目については、メモを取ることで、自分自身を内省することで、自分自身を自己分析し、自分を知ることができること。これからの時代、「自分をよく知って何かに熱中している人」が多くの価値を持つという前田さん。

 

 

 

子育て中の母としては、このポイント激しく共感です。まずは自分を知る、重要ですね!

 

また、前田さんは今までご自身が実現したいと思っていたこともメモに書かれて、その夢や願を書きとめ見返すことで想いが実現できたといいます。現代において、本当に強い人とは想いの強い人と前田さんは言っています。志が高く、夢があり、熱意がある人。こういった強力なエンジンとなる軸を持った人たちがこれからの時代は活躍する!と、とても気になっています。

 

<世界一受けたい授業>前田裕二さんがおすすめするメモの取り方とは?

 

左側には出来事、右側に書く大切なことを紹介します!

 

  • ノートは見開きで大きく使う
  • ノートの左側に出来事を書く。見聞きしたこと、悩んでいること、悲しいこと、辛いこと、嬉しいことなど沢山メモを取る
  • 右側には、なぜ自分がこういった感情になったのかを客観視して、解釈をして、抽象化する
  • その横に、さらに実際の行動へと転用する

 

というのがポイントです。

具体例のノートは、こちらの動画の8分頃の映像で確認できます!見逃した方も、もう一回見たいかも。

 

NewsPicks 前田裕二 ノート術 301117

 

メモは「過去の自分と話せる」という効果がある。と前男性。

 

有田さんへのコメント

1行目事実、解釈して2行目、3行目で行動が書かれていて良いとのコメント。

「誕生日のサプライズパーティで気づいていたと言ってしまい、気づいてても気づかなかったほうがよかった」と書いた1行に対しての前田先生へのコメント。

 

人生で影響を受けた元上司の一言

 

元上司の宇田川さん、UBS時代の上司だそうで、前田さんが人生で影響を受けた人だそうです。

 

とても若くして業績を上げている宇田川さんに聞いてみたそうです。

「この世界で勉強しなければいけないことは何ですか?」と、

宇田川さんの答えは、

「勉強などいらないよ、とにかく人に好かれることだよ」

と言われたそう。そして、宇田川さんはまさにそれを実践していたそうです。

 

「その人の良いところを見つけて、好きになれば、自ずと好かれるようになるんだよ」

 

と。前田さんは、いつもメモを取っていたので、真摯な姿勢が人に好かれることにも繋がっているそうです。

 

 

ちなみに、このやり方、いわゆるメタ認知と言われる手法ですね。

メタ認知については、大坂なおみ選手も取り入れています。

 

スーパーJチャンネル 【大坂なおみ】が メタ認知 で全豪優勝。ミスやイライラで自滅しないメンタルを強くする方法で進化。
大坂なおみ選手が全豪オープン優勝しましたが、その優勝を支えたのが、ミスやイライラで自滅せず、メンタルを強くする「メタ認知」というスキルが身についていたことが一因と報道されていました。「メタ認知」とは、ミスしても折れない心を作るスキルということなのですが、実際どのようなスキルなのでしょうか?また大坂なおみ選手が全豪オープンで優勝できた理由をメンタル面から探ってみたいと思います。「最強の思考法」として紹介されていました。 このメタ認知能力、子育てでイライラした時にも活用できると思いました!

 

 

<世界一受けたい授業>前田裕二さんの著書、「メモの魔力」とは?

 

メモの魔力の序文ですが、なんとキングコングの西野さんのアメブロに全文が掲載されていますので、良かったらそちらもご覧ください。

 

「メモの魔力」について章立てのサマリーをご紹介します。

これは、子供を持つ母としては、まず親自身が自分の自己分析、内省を改めてする良い機会になるのではと思いますし、子育てにおいても、子供自身が考えるきっかけのヒントとなる要素が沢山入っていると思います。

 

人間の脳には、考えたことや達成したい目標を繰り返し明確に掲げるとその実現に向けて動く(例えば必要な情報が目に入りやすくなったり)という機能があることは科学的に実証されていますが、まさにその具体的な方法を分かりやすく書いた本だと思います。

 

第1章:

・メモの良いところや効果について

・日常の出来事をアイデアに変えて行動に移す方法

 

第2章:

・メモで思考を深める方法

・抽象化の方法について

 

第3章:

・メモで自分を知る方法

・前田式自己分析ノートの作り方で人生の指針(コンパス)を手に入れる

 

第4章:

・メモで夢をかなえる方法

・夢のリストアップ、優先順位付けなどのフレームワークの紹介

・実現につなげる方法論

 

第5章:

・メモは生き方である

・ノウハウではなく姿勢

・自己分析1000問

 

 

 

メモの魔力をさらに深掘り。前田裕二さんが動画で解説。

そして「メモの魔力」がベストセラーになっているのをうけて、なんと前田裕二さんがこれから30日毎日動画を公開されるそうです。「メモの魔力」では書ききれなかった裏話やさらに深い話などが聞けちゃうそうです。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

「メモの魔力」著者の前田祐二さんは、20代で起業されて今はライブストリーミングの会社を創業されている若きベンチャー企業の社長さんで、日々の出来事、考えていることを徹底的にメモして、そして自分が実現したいこともメモの力を使ってどんどん実現してきたすごい方でした!

 

「メモの魔力」早速私も購入しました!読むのが楽しみです。そしてこれは読んで実行してこそですね!

 

 

 

世界一受けたい授業 人気のコーナー

子育て中のパパ、ママ必見!

夫婦喧嘩や留守番が子供の脳を変形させる?影響は?対処法も紹介!
1月19日(土)放送の「世界一受けたい授業」では、夫婦喧嘩を見ると子どもの脳が変形する!?子どもを怒り過ぎたときの対処法、一人での留守番もコミュニケーション能力が下がるとは本当?また夫婦喧嘩や、子供を怒りすぎたり、感情的になってしまったことで変形した子供の脳を治す方法という、とてもどきっとするような内容で放送されていました。夫婦喧嘩には要注意ですね!子供の脳を傷つける親たちの著書の友田明美先生が登場。

 

水族館、動物感がもっと楽しくなるアプリ!

動物・魚など生き物名がわかるアプリ、リンネレンズの口コミ、使ってみた感想は?
先日テレビで、子供に大人気の、なんとスマホのカメラかざすだけで、動物や魚などの生き物の名前を教えてくれる、リンネレンズというアプリが紹介されていました。 なんと魚を中心に約4,000種類に対応しているそうです。その実際の映像や口コミな...

 

コメント