パンプス反対署名。#KuToo への反響は?どんな職場や仕事がパンプスを指定や強要され る?

トレンド

今年2月11日から始まった、職場でのヒール、パンプスの強制をなくしたい!という活動、 #KuTooが話題になっています。この活動を始めたのは、フリーライターの石川優実さん。 仕事でパンプスを指定されての立ち仕事で足に負担がかかり、かたや革靴の男性を見て、パ ンプスを強要されるのはおかしいのではないか?とこの活動を始めたそうです。この #KuToo への反響はかなり大きく、15,000を目標とした署名はすでに12,000を超えており、 ツイッターでも大変話題になっています。

そこで、この反対書への反響と、実際にパンプスの着用が指定されることが多い業務や職場についてリサーチしていみました。

 

パンプス反対署名。#KuToo への反響、反応は?

 

さて、話題になっている#KuTooのハッシュタグですが、実際にツイッターではどのような 声が出ているのでしょうか、調べてみました。基本的に賛同する声がとても多くあり、暗黙の了解や実際にパンプスを指定されるという場面も多くあることがわかりました。

 

私も思い返してみると、就活の時には迷わずパンプスでしたし、独身時代はパンプス、ハイヒールばかりというか、仕事をしている女性はヒール靴を履くものだとあまり深く考えずは
いていたなぁと思います。よく整体に行くと、腰痛の原因にもなるし、ヒールはやめなさいと言われていましたが、今なら分かります。

 

妊娠してからローヒール、ぺったんこ靴が定番になり、もうヒールに戻れません。

 

要は、ヒールを好きで履いている人はいいのですが、体にも負担があるのに、指定、強要するのはやめよう!というメッセージで、調べてみると結構、指定、強要される仕事、職種は
多いのだなと実感しました。

 

ツイッターの反響をまとめてみました!

「育休のジレンマ」の中野円佳さんもツイートしてますね。

 

 

 

 


ホリエモンもツイートしてますw

 

パンプスが指定になる職場や業務はどのようなところ?

 

実際にパンプスなどが指定されることが多い職場や仕事は窓口業務や販売業、接客業などでルールになっている職場は確かにありました。確かにホテルであったり、会社の受付だった
り、デパートの化粧品コーナーなどの店員さんであったり、仕事のレセプション会場でサーブしてくれるスタッフの人で会ったり、アパレルの店員さん(ブランドによる)、カンファレンス会場の案内係の人であったり、そして女性の営業職の方々みなさんヒールが多いなと。そして日々仕事のシーンでお会いする接客業の方たちはほとんどパンプスですね。

 

女性でもつい職場の目の前にはあまりいないと思うと想像が広がらないかもしれませんが、実際に日々思い出してみると、沢山パンプスって指定されているんだなと思います。

 

思い返すと、前職で展示会の応援要員を頼まれたときにも基本パンプスでみたいな感じで、実際立ちっぱなしで8時間とか足が棒になり、帰りは歩けず、近くのショッピングモールでスニーカー買い、さらにマッサージに行きやっと帰れた思い出が。もう無理ですねー。

 

 

 

 

 

まとめ

この署名活動、賛否両論の声もあるそうなのですが、そもそも、パンプスが指定されるのもそれが良しとされる背景もあるということなので、これをきっかけに意識が変わると良いですよね。

 

たしかに男性も一度パンプスで1日過ごしてみるといいかもしれないですよね。

 

この日本の暑すぎる夏に合わないスーツやネクタイも無しでいいとは個人的には思ってます。

 

前の職場で営業の方達が夏に汗だくでスーツで来られて、本当に早くスーツとネクタイなくなればいいのになと思った次第です。

 

 

トレンド
共働きフルタイムワーママまきの子育て雑記ブログ

コメント