林先生の初耳学【SouMa(ソウマ)】切り絵アーティストの経歴やプロフィーは?作品は購入できるの?どこで見られるの?

トレンド

7月14日(日曜日)放送の「林先生の初耳学」では、切り絵アーティストのSouMA(ソウマ)さんが登場します。SouMA(ソウマ)さんが作り出す切り絵アートの世界はとても独特で、なんとSouMA(ソウマ)さんの作品で1,000万円するという立体切り絵アートも登場。

 

美術経験がない中で生み出される SouMA(ソウマ)さんの切り絵の作品や本人のプロフィールや経歴、作品などを調べてみました。さらに作品はどこで購入できるのかいくらくらいなのか、次の展示会はいつなのか、または作品はどこで見ることができるのかもリサーチしています。

初耳学:切り絵アーティスト SouMAの経歴・プロフォールは?

出身地・居住地:島根県

生年月日:1987年10月8日

本名は明かされておらず、SouMAというアーティストネームだけになります。1987年生まれと言われており、30代前半とまだお若いですね。

2019年6月には、第一回全日本芸術公募展「全日本芸術大賞」を受賞されています。

 

 

 

SouMAさんは小学生の頃から切り絵を独学で始め、美術やデザインを学校で専門的に学んだことはなく、ご自身の感性に任せて作品制作を進めていくそう。

 

そして、さらにすごいのが、

作品が1枚の絵からできていること!

 

 

 

ちなみに、個人からの依頼でオーダーメードの創作や企業のコラボ作品や広告などへの作品提供もされているそうです。

 

 

初耳学 SouMA(ソウマ)さんの作品は?

とても1枚の紙からできているとは想像できないくらい巧緻な作品の数々ですがSouMAさんの神業な作品の実演動画などもあります。

 

まさに神業! 立体切り絵作家SouMaの実演動画

 

不思議の国のアリスやエッフェル塔など!一枚の紙から作られた切り絵が驚異的! 『カミワザ!~驚異の立体切り絵~SouMa展』

 

 

 

 

初耳学 SouMA(ソウマ)さんの作品は買えるの?お値段は?

切り絵アーティストのSouMAさんの作品ですが、ウェブサイトから購入することができます。

 

 

 

例えば、このティアラで、20万円ほどのようです。

 

 

 

エッフェル塔が約25万円。

 

 

こちらの作品が、こちら。

 

作品名:想造の火

サイズ:W44.5cm  H38cm(額装含む)

価 格:¥1,500,000-(消費税別途)

 

未来へ期待や希望を持つ多くの人の願いを沢山の羽に見立てて創作した作品です。沢山の折り鶴は最後に折る顔の部分は作らず完成前の状態。将来へ期待する現段階の想いを表しています。

 

作品はこちらのSouMAさんのオフィシャルページで販売しています。

 

番組には1千万する作品も登場していました!

 

切り絵アーティスト、SouMAのような作品は作れるの?

実はパッとみたところ素人には到底真似のできそうにない作品ですが、実は、SouMAさんの切り絵の本があります。

 

また、切り絵教室なども過去は開催していたようですが残念ながら最近はあまり開催されていないようです。

 

切り絵が気になった、やってみたいという方には一度書籍を買ってチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

教室に参加した人の作品。

上手ですよね!

 

SouMAの次の展示会はいつ?作品はどこで見られる?

SouMAさんの作品、実際にみてみたくなりますよね。

次に展示会が開催されるのはいつなのでしょうか?

 

ちなみに前回の個展は2019年3月に開催されていました。

 

 

調べてみましたが、残念ながら次回の個展の日程はまだ発表されていませんでした。HPや、ツイッターなどのアカウントでフォローすると次の展示会情報も発信されそうです!

 

しかし、調べたところ、作品が見られる場所がありました!

 

SouMAさんが大賞を受賞した、第一回全日本芸術公募展大賞展・入選展が大阪の、豊中市文化芸術センターで7月26日、27日で開催されるそうです!

 

 

ここの展示会に行けば作品を見られますね。

 

展示会場:豊中市立文化芸術センター

住所:〒561-0802 大阪府豊中市曽根東町3丁目7−2

 

 

まとめ:切り絵アーティストのSouMA

林先生の初耳学に登場した切り絵アーティストのSouMAさんは本名等は公にしていませんが、30代前半の切り絵アーティストで、美大などの卒業ではなく、独学でこの複雑で立体的な切り絵を1枚の紙から創作している素晴らしい才能を持ったアーティスト!

その作品は、数十万円から1千万円までと幅広く、一部はオンラインでも購入可能でした。個展も不定期ですが開催しており、こちらはツイッターのアカウントをフォローしておくとわかりそうです!

そして、直近では、7月26日、27日に大阪の豊中市文化芸術センターで作品が見られる展示会があります!

 

 

 

 

 

 

トレンド
共働きフルタイムワーママまきの子育て雑記ブログ

コメント