サイベックス【イージーS / ツイスト】は狭いって本当?新生児でも使える?口コミやインスタも紹介

ワーママライフ

ドイツブランドのサイベックス(cybex)のベビーカー、最近よく街中で見かけることが増えましたよね。もともとサイベックス(cybex)はミオスが日本では発売されていましたが、2018年3月に、よりコンパクトで使いやすい、b型のサイベックス(cybex)イージーS(EEZY S)と、新生児から使えるイージーSツイスト(EEZY S TWIST)が発売されています。

 

見かけるたびにオシャレだなと気になっており、今使っているベビーカーを買い換えたいとも思ったので、早速詳しくサイベックス イージーSとイージーSツイストの口コミや性能などを調べてみました。段差の乗り越えやすやに定評がある一方、狭いという声もあるので、このブログでは、実際のサイズやそれぞれの口コミなどで比べてみたいと思います。

 

実際に、8キロの海外製AB型ベビーカーと、4キロの海外製B型ベビーカーを実際に使っている視点から、サイベックスの良いところ、気になるところを紹介したいと思います!

 

【サイベックス】イージーSとツイストの基本性能比較

まず、サイベックスのベビーカーシリーズですが、

  • サイベックス イージーS(2018年3月発売)
  • サイベックス イージーSツイスト(2018年3月発売)
  • サイベックス ミオス:もっとも高い上位ブランド

の3タイプに分かれています。

 

ミオスは最近リニューアルされてさらにデザインがかっこ良く洗練されています。

 

サイベックス イージーS(2018年3月発売)

イージー S/ラバストーンブラック

価格(税込)¥35,640

軽くてたためて使いやすい、B型ベビーカー。基本的には新生児ではなくて生後6ヶ月からのセカンドベビーカーになります。折りたたみできて自立します。

サイベックス イージーS ツイスト(2018年3月発売)

イージー S ツイスト/マンハッタングレー

価格(税込)¥59,400

こちらのイージーSツイストは、新生児から使える背面、対面の両面切り替えが簡単にできて、折りたたみもできるベビーカーです。

 

サイベックス ミオス

ミオス/フレーム&シートセット/クローム

価格(税込):¥69,120(本体)にシートパック(税込¥23,220)をつける感じです。

合計で、92,340円です。

ミオスは、一番上位ブランドで、高級感あるデザインで新生児から使えます。また最近リニューアルされて幌も長くなり、日差し対応も。基本メッシュ素材なので風通しが良いです。

 

このように3タイプある、サイベックスのベビーカーですが、基本的な性能、スペックを比べてみたいと思います。

 

商品名 イージーS イージーSツイスト ミオス
価格 35,640円 59,400円 92,340円
重さ 5.9kg 7.3kg 8.7kg
シート幅 45cm 45cm 50cm
使用開始時期 生後6ヶ月から 生後1ヶ月から 生後1ヶ月から
対象年齢と体重 4歳頃/17kg 4歳頃/17kg 4歳頃/17kg
背面対面切り替え 不可 可能(回転式) 可能(取り外し)
A/B型 B型 A/B型 A/B型

 

簡単に説明すると、基本的にイージーSとイージーSツイストが同レベルのスペックで、対象年齢や機能に違いがあり、ミオスは、3つのベビーカーの中で一番上のモデルでデザイン、走行性重視の高級モデルになっています。

 

もともと日本ではミオスから発売されていたので、ミオスよりも手頃なイージーSシリーズが発売されたイメージでしょうか。

 

さらに価格、性能や口コミなどについて詳しく調べていきます!

 

先にウェブサイトをみたいよね!という方はこちらから。

cybex website

 

 

イージーSとツイストの重さと走行性能は?

さて、次に気になる走行性能と重さです!

もっとも軽いのがイージーSですね。ただ、イージーSはあくまでもB型ベビーカーなので、新生児からの利用の場合には、イージーSツイストとミオスが検討対象になりますね。

 

商品名 イージーS イージーSツイスト ミオス
重さ 5.9kg 7.3kg 8.7kg

 

重さに関しては、過去9キロのベビーカーと、現在使っている4キロ程度のB型ベビーカーを使ってきた経験からすると、正直9キロ超えてくると、子供を乗せたままバスの乗降やちょっとした段差でベビーカーを抱えてとなると正直しんどかったです。

 

例えば子供が10キロ(1歳半くらいの男の子程度)だった場合に、合計の重さが20キロ近くになるのでかなり大変でした。

 

ただ、重さと走行性能や安定性というのが結構重要な関係性にもあり。あまり軽いとフラフラしやすいですし、そこそこの重さがあったほうがバランスは良いです。なので、サイベックスのイージーSやイージーSツイストの重量感は、ちょうど良いのかなという印象です。

 

 

ちなみにミオスはやや重いという声も。

 

 

 

また、走行性能ですが、

 

走行性の良いベビーカーは「サスペンション性能が良い」のです。簡単にいうと、「衝撃を吸収してくれるので、ガタガタせず楽にベビーカーを押せてあまりフラフラしません。スイスイ楽々と押せます」

 

 

 

というところがあり。サイベックスのイージーS、イージーSツイストもサスペンションのよさ、走行性能の良さは結構口コミでも多いですね。

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019.4.8 おはようございます◡̈ 先日、楽しみにしていた新しいベビーカーが届きました⚮̈ 電車に乗ることが多いので、駅などの人が多い時に小回りが利くコンパクトなセカンドベビーカーがあると便利だろうなぁと思い購入に踏み切りました⚘ 悩みに悩んで我が家は#サイベックスイージーs を選びました 私自身セカンドベビーカーを買うまでかなり迷ったので、購入を考えているどなたかの参考になればいいなぁと思って決め手をまとめてみました⚘ 興味のない方はスルーしてくださいね ⠒̫⃝ サイベックスイージーsにした決め手は… ⚪︎コンパクトになる(実家の車に乗せることも多い) ⚪︎安定感があって軽すぎない(荷物をハンドルにかけてひっくり返らないもの) ⚪︎シングルタイヤ(人混みの中でも小回りがきく) ⚪︎荷物かごの容量が大きい ⚪︎サンシェードが大きい ⚪︎値段が高すぎない(#ベビーゼンヨーヨー の方が断然コンパクトだけど値段も断然高かった…泣) できればハイシートが良かったけれど、そこは叶いませんでした(> <。) 息子のものはなにかとグレーを買っているので、今回も伊勢丹限定のグレーをネットで購入しました。(大阪には伊勢丹がなくて実物が見れず、ミオスのグレーと同じ感じの生地だったので#サイベックスミオス のグレーの現物を確認しました) ピンクも実物を見たらめっちゃ可愛かったです⚮̈ #ジープベビーカー と最後まで悩んだのですが、荷物かごの大きさが決め手となりサイベックスにしました( ˊᵕˋ ) 使っていたAB型はハンドル切り替えがあったので、息子が重くなってきてからはどうしても操作がしにくくなっていたのですが、B型は操作がしやすくてとってもラクになりました(•◡•〟)電車の中でベビーカーの方向を変えるのが至難の技だったのが、すごくやりやすくなりました。そしてコンパクトになるので、誰かの車に乗せる時も座席の下におけて車を汚してしまう心配もなさそうです。 ちなみに今までは軽さ重視のコンビの#スゴカル を使っていました。安心の日本メーカーなので検診の時など新生児の時からよく息子を乗せていました。慣れのおかげか息子はベビーカーに乗せるとすぐに寝るし、電車でもほとんどグズったことがないベビーカー好き男子になりました← (歩き出したら乗らないかもですが…) なのでファーストベビーカーはコンビにして良かったと思っています( ˊᵕˋ )約1年使い倒しましたが、満足していますし、これからもまだまだ使うつもりです(•◡•〟)ただ、ダブルタイヤは内側のタイヤを足で踏んでしまうの私だけ?…|д꒪ͧ) でも片手で押してもブレないのはダブルタイヤのおかげかも。コンビは軽いのに安定感がある気がします⠒̫⃝ コンビのレインカバーやドリンクホルダー、ハンドルカバーはサイベックスにも使えそうなのでそのまま使うことにしました。B型ベビーカーの中で安い方ではなかったので、節約できるところは節約します( ✧Д✧) なのでオプションはバンパーバーのみ購入しました。バーにつかまってる姿がかわいいので高かったけど(7000円くらいする泣)つけて良かったです♡ やっと暖かくなってきたので、これからたくさん使って元をとろうと思います (´◡` ) (ベビーカーで電車に乗る時は混雑時間帯を避けて#ベビーカーマーク のある車両に必ず乗るようにしています、念のため) 長いキャプションを最後まで読んでくださりありがとうございました #サイベックスイージーs #ベビーカー購入 #セカンドベビーカー #セカンドベビーカー購入検討 #サイベックス #cybex #マンション暮らし #マイカー無し生活 #ベビーグッズ #ベビーカーグッズ #出産準備 #生後10ヶ月 #ノースフェイスベビー #ベビー服 #赤ちゃんのいる暮らし #子どものいる暮らし #男の子ベビー #マザーズバッグ #マリメッコbuddy #コンパクトベビーカー #b型ベビーカー #マザーズバッグ #マリメッコbuddy

Yu_kiさん(@yu_u_ki__kurashi)がシェアした投稿 –

 

我が家で使っているベビーカーは、現在4キロととても軽いのですが、走行性がいまいちで、そこが買い換えようかと思っているポイントでもあります。

 

イージーSとツイストは段差は大丈夫?

さて、ベビーカーを使っていて気になるのがちょっとした段差の乗り越え!意外に歩道って段差が多くて、つまずくと危ないし、気になるポイントですね。

 

ツイッターなどで口コミを見てみると、サイベックスのイージーSシリーズですが、乗り越えやすいという口コミが!

 

 

 

 

イージーSとツイストは折りたたみ可能。たたみ方はも紹介。

ベビーカーを電車内、バス内でたたむたたまないについては最近良く話題になっていますよね。海外製ベビーカーの場合、あまりたたむことを想定していないので、たたみやすさについては気になるところです。

 

早速調べてみたところ、イージーSもイージーSツイストも折りたたみができ、三つ折りで自立します!

 

イージーS

まず、イージーSですが、このように三つ折りにできて、コンパクトにたたむことができます。

百聞は一見にしかずで、こちらのビデオでご覧ください。最初の方に折りたたみ、折りたたみから開くなどの動画が流れます。

 

CYBEX Eezy S Stroller

 

 

こんな感じでかなりコンパクトにたためますね。

 

 

イージーS ツイスト

さて、今度は対面にもなるイージーSツイストですが、こちらも折りたたみができます。

 

CYBEX EEZY S Twist Tutorial

 

 

イージーSとツイストはコンパクト?狭い?

イージーSとツイストですが、狭いのでは?という声もありますが、実際サイズで比べてみたいと思います。

 

通常時

イージーS:奥行き85センチ 幅45センチ 高さ103センチ

イージーSツイスト:奥行き85センチ 幅45センチ 高さ103センチ

 

折りたたみ時

イージーS:奥行き25センチ 幅45センチ 高さ53センチ

イージーSツイスト:奥行き25センチ 幅45センチ 高さ53センチ

 

ポイントは、「幅」かと思います。

 

サイベックスのこちらのシリーズは、幅が45センチです。

 

通常よく目にするベビーカーとして、

コンビF2:49.5センチ

アップリカマジカルエアー:44.5センチ

海外のyoyoだと、44センチ

 

と比べてみると、決して幅が狭い感じはしません。

 

ただ、A型ベビーカーと比較すると、ミオスも50センチあるなど、包まれている感のような横幅感はないかもしれません。

 

ただ、改札の通りやすさ、コンパクトさなどは幅が狭い方が小回りは効くので、何を重視するかにもよりますね!

 

 

イージーSとツイストの対象年齢。新生児から使える?

イージーSとイージーSツイストですが、

イージーS:生後半年から

イージーSツイスト:新生児から

 

となっていて、ファーストベビーカーとして購入するなら、イージーSツイストの方になりますね。ちなみにミオスも新生児から利用できます。

 

特に、イージーSツイストの良いところは、赤ちゃんの顔が見られる安心の対面式!

 

ちなみに、私も最初のベビーカーのこだわりは対面式になるところでした。初めての赤ちゃん、初めてのお散歩。対面で顔を見ながらベビーカーを使えるのはとても安心でした。

 

こちらの画像はすでにお子さんが大きくなっていますが、大きくなっても対面式を使い続けられるのも良いですね。

 

イージーSツイストの対面・背面の切り替えが簡単!

イージーSツイストの背面、対面切り替えなのですが、

驚きのシート取り外しが不要で、回転式。

 

通常、対面背面を変えるのは、一度外してシートを付け替えるというタイプが従来多かったのですが、その点サイベックスのイージーSツイストは画期的!!

 

第1子の時にあったら、イージーSツイストを買っていたと思います。

 

Freedom with a Twist! The new EEZY S Twist

このような形でレバーひとつでシートが回転する!!!これは本当に画期的ですねー。これ良いなー。

 

イージーSとツイストのリクライニング機能は?

ちなみに、イージーSとイージーSツイストのリクライニングは、

 

無段階リクライニング

 

です。

 

無段階リクライニングってどういうこと?と思いますよね。

要は、背の部分を手動で止めるタイプなので、好きなところで止められるということですね!ミオスの方は、レバーでの調整になります。基本的にある程度価格のするベビーカーは、こういったレバー式で、安めのベビーカーになってくると、手動式になっています。

 

個人的にはここの性能は原価削減ポイントだと思っているのですが、

 

無段階式リクライニング

 

と言われると良さそうですね。

 

こちらの画像にもある、背面の飛び出ている紐のようなところで、座面の調整ををフラット方向に近ずけると、紐が短くなっていますね。

こちらの海外のサイベックスユーザーのママさんが、簡単に折りたたみできるところや座面の位置調整をしています!これ分かりやすい。

SuperMom Recommends: Cybex Eezy S Twist Stroller

 

イージーSとツイストのバンパーバーは必要?

イージーSとイージーSツイストなのですが、結構良い感じだなーと思っていたのですが、懸念点としては、なんとベビーカーに良くある、バーがないのです。

 

そのため、サイベックスのイージーSシリーズでは、バンパーバーを買うことをお勧めします。ただ、新生児の頃やまだねんねの時期には起き上がったりしないのでなくても大丈夫なのかなとは思います。

 

また、もちろんベビーカーに乗せる時にはベルトをするので転落の心配はないものの、子供が大きくなってくると肩の部分のバックルを嫌がったり、ちょっと前のめりになってバーを持ちたいという姿も見られるのでバーはあったほうが安心ですし、便利だと思います。

 

価格はイージーSもイージーSツイストも、(税込)¥7,344円です。

 

イージー S バンパーバー 

イージー S ツイスト バンパーバー

 

バンパーバーをつけるとこんな感じに。

 

 

 

ただ、注意点としては、イージーSツイストの場合には、対面ではバンパーバーが取り付け不可だそうです。また、バンパーバーをつけたままの席回転ができないので、そこはご注意ください。

ちなみにミオスには付いています。

 

イージーSとツイストのレインカバーは?

また、イージーSの場合には、レインカバーがつきません。そのため、付属品としての購入が必要になってきます。

 

雨の日は全く出かけない!という場合には要らないかもしれませんが、最初は外出しなくても徐々に小雨くらいなら外出したいな、、と思う時や保育園に連れて行くとなると、レインカバーないと行けない、、みたいな事が発生したりしてきます。

 

 

そのため、レインカバーはあったほうが便利です!ただ、サイズをちゃんと計測して、楽天などでベビーカー用のレインカバーを買うのもてです。重要なポイントは、ちゃんとサイズが合うかどうか確認する事!ですが。

 

我が家の場合には、純正のレインカバーではなくて楽天で購入したものを使っています。これは、サイベックスではなくて他のベビーカー用として我が家で購入したものなので、サイベックスのサイズに合うかどうかは必ずご確認ください。

 

 

サイベックスイージーSとツイストの違いは?どっちがいいの?

基本的に、サイベックスのイージーSとイージーSツイストのどちらかを選ぶという場合に、一番ネックになるのは、

月齢(イージーSは生後半年から、イージーSツイストは1ヶ月から)

ではないでしょうか。

 

新生児から使いたい場合には、サイベックスのイージーSツイストになりますし、B型ベビーカー、セカンドベビーカーとしてはイージーSになるかと思います。

 

基本的に、イージーSとイージーS述ベースのスペックやサイズは同じで、対象年齢や重さ、機能が異なっています。

 

大きな違いは、月齢に続き、

  • 対面になるかどうか
  • 重さ

 

の部分です。

新生児から使えて、対面でのベビーカー利用をしたい!という場合には、イージーSツイストになりますね。

 

また、もう生後半年経っていて、軽くても走行性のベビーカーが欲しい。背面式でOK!という場合には、イージーSになる形でしょうか

 

なので使用用途にって選び方が変わってきます!

イージーSとツイストの価格とお買い得度は?コスパは良い?

詳しい商品の性能や口コミの前に、そもそもイージーSとイージーSツイストのお値段と他のベビーカーと比較してどうなのか調べてみました。

 

例えば、同じ海外製の yoyo zen

  • 同じようなベビーカーのyoyo zenですが、新生児から使えるタイプだと重さが6.6キロ、6ヶ月以降のタイプが6.2キロなのでした。
  • しかし、新生児から使えるタイプだと、価格が10万円を超えてくますし、生後半年以降でも6万円以上!
  • そういう意味でもサイベックスのベビーカーは、コスパの面でも良さそうですね!

 

また、B型ベビーカーとして、アップリカのマジカルエアークッションが税込31,200円、FSplus AJモデルで、税込37,800円なので、国産ベビーカーと比べても、イージーSは税込35,640円なので、決して高くないですし、お手頃だと思います!

 

 

サイベックスイージーSとツイストはどこで買うのがおすすめ?お得に購入する方法は?

さて、実際に買おう!と思ったら、どういう買い方をするのがお得でしょうか?

もしできたら一度、子供を乗せて試乗してみるのがオススメですが、都内では、代官山、東武池袋、西武池袋、銀座などに店舗があるようなので、できたら乗せてみたいですよね。

 

なんと銀座三越に行くと、貸出ベビーカーがサイベックスだそうです!

 

 

そして、購入方法ですが、

 

サイベックスをお得に買う方法

まず、楽天でポイントをためている方は楽天の店舗から買う方法があります。そうすると、路面店で買うより圧倒的に安く買えますし、ポイントもつきます!

 

楽天の中でサイベックスのイージーSを販売している店舗でレビューがもっと多いのがこちらの店舗です。送料無料で安心の2年保証。

ナチュラルリビング ママ*ベビー

こちらのベビーカーはナチュラルリビングママのものです。レビューは67件。(2019年5月時点)

 

 

 

また、イージーツイストはこちら。レビュー最多は同じくナチュラルリビングママベビーです。

 

 

次に、dadwayで購入する方法です。dadway(ダッドウェイ)はエルゴの代理店として有名ですが、サイベックスのベビーカーも扱っており、

 

何と言ってもポイント還元が良い!

  • 新規会員登録で500ポイント
  • 5%ポイント還元、8日のつく日は10%還元
  • 5,000円以上送料無料

 

8のつく日に購入すると、サイベックスのイージーSツイストを購入すると、

5,500ポイント還元、さらに新規会員だとさらに500ポイントついて、6,000ポイントがつきます!

 

ダッドウエイでは、エルゴ以外にも、sassy、NUKなど様々なブランドの取り扱いがあるので、ポイントで買いたい育児グッズが沢山あります。

 

dadwayオンランショップはこちらから。

ダッドウェイオンラインショップ

 

 

まとめ

サイベックスのイージーSとイージーSツイストのベビーカー、どちらにするかは月齢、重さ、対面切り替えなど用途に応じて選びたいですね。

また、走行性、折りたたみのしやすさ、コンパクトさなどはとっても重宝しそうですね!

サイベックスのミオスの価格を考えると、イージーSとイージーSツイストはかなりお手頃価格ですし、かなり気になってきました。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。是非ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ

 
 

ワーママライフ
共働きフルタイムワーママまきの子育て雑記ブログ

コメント